財布を落とした時の対処法。まず何をすべきか

この記事は2分で読めます

0982497

財布をなくした、どこかで落としてしまった。

こんな時って焦りと絶望感が同時に押し寄せてパニックになりがちです。

しかし、こういう時こそ落ち着いて、次の行動を取らなければなりません。

財布には、お金だけでなく、カードや免許など大事なものがたくさん入っています。

それらが悪用されないためにも、すぐに次の行動をとってください。

警察に連絡する

まず最初に警察に遺失届けを出してください。

遺失届けを出していないと、

カードが悪用されていてもお金が返ってきません。

 

遺失届けには、名前、住所、電話番号などの個人情報と、

財布を落とした時間や場所、財布の特徴、財布に入っていたものなどを記入します。

その後、受理番号というものが発行されます。

この受理番号、カードを止める際に聞かれる事がありますので、

しっかり保管してください。

 

カード会社に連絡する

警察の後は、カード会社に連絡することをおすすめします。

クレジットカードは一番悪用されやすいですからね。

カード会社に電話して、カードを止めてもらいましょう。

 

カード会社に電話をかけると、

本人確認されたあと、落とした場所や時間を聞かれます。

そして、最後にカードを使用した日時を聞かれます。

その後、最後にカードが使われた時間を教えてくれますので、

そこで悪用されているかどうかがわかります。

もし悪用されていても、警察に遺失届けを出していれば

保険が聞くので、安心してください。

 

身分証の届け出をする

次は、免許証、保険証、学生証などの身分証の届け出です。

免許証は、警察署か免許センターで再発行してもらいます。

保険証は、会社のものの場合は会社の担当者に、

国民健康保険なら、役所に届け出をしてください。

学生証は、学校の事務局に行って再発行してもらいましょう。

その他のやるべきこと

SUIKAやPASUMOなどのICカードや

レンタルビデオ店のカードなども止めてもらいましょう。

 

ICカード型の定期券は、1000円で再発行ができます。

ちなみに、磁気定期券(紙のやつ)は再発行してくれません。

 

また、レンタルビデオ店のカードと言って甘く見ないこと、

勝手に借りられたり、延滞されても

料金を払うのはあなたですからね。

 

以上のように、財布を落としてしまうと、

手続きに非常に手間がかかります。

落ち込む気持ちはわかりますが、

起きてしまったことは仕方がありません。

これ以上被害を増やさないように迅速な対処をしましょう。

  • 2015 01.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. dfe
  2. 3e23267127175ee333beb3c9ddc7dccd_s7
  3. 093728
  4. ac243d2b5beb3737419dd075ceeb6fe0_s7
  5. 0969217
  6. 7a7624c1f58aa48d044d7a603a4ac412_s7