蛍光灯を交換する時の外し方、交換時に気をつけるポイント 

この記事は2分で読めます

7a7624c1f58aa48d044d7a603a4ac412_s7

蛍光灯が古くなってきたからそろそろ変えようか・・・と思ったけれど

交換の仕方がわからない!

そんな方のために、蛍光灯の外し方や蛍光灯を交換する際の注意点をお教えします。

直管蛍光灯の外し方

直管蛍光灯とは名前の通り真っ直ぐな蛍光灯のことです。

直管蛍光灯の場合、外し方が3パターンあります。

 

その1.蛍光灯を回して下に抜くタイプ

両サイドのソケットの下にスリットが入っているので、

蛍光灯を回して蛍光灯の端子を縦に揃え、下に引き抜くと外れます。

 

その2.片側に押し込んで外すタイプ

蛍光灯をどちらか片側に押し込むと、

逆側に余裕が生まれるので、そこから外します。

蛍光灯のソケットは接触不良が起きないようバネが堅くなっているので

結構強めに押す必要があります。

 

その3.両側のカバーを中央に引っ張るタイプ

このタイプはなかなか見ないのですが、

両側に銀色のカバーが付いているのでわかりやすいです。

両側のカバーを中央に引っ張ると外れます。

 

丸型蛍光灯の外し方

丸型蛍光灯の場合1パターンしか無いので簡単です。

蛍光灯に1ヶ所太くなっている所がありますよね。

そこにソケットが付いているのでそれを抜きます。

後は蛍光灯を支える金具を外せば完了です。

蛍光灯交換時に気をつけるポイント

蛍光灯を新しいものに買い換える際に気をつけるべきポイントについてお教えします。

 

・蛍光灯の長さ

まずコレです。

長さが合わないとはまりませんからね。

買いに行く前にしっかり測っておきましょう。

 

・ワット数

これは気にしなくても結構です。

蛍光灯は大体18ワットですので、まず問題ありません。

しかし、極まれに20ワットのものもあるようなので、

一応、蛍光灯に書いてあるワット数を確認するといいかもしれません。

 

・蛍光灯の点灯方式

これは重要なポイントです。

蛍光灯には3種類あるのをご存知でしょうか。

蛍光灯には、

スタータ形・ラピッドスタート形・インバータ形

という3つの点灯方式があるのです。

間違えたものを使用すると、蛍光灯が点きません。

では、その違いを説明しますね。

 

スタータ形

スタータ型はグローランプという点灯管を使用する方式です。

蛍光灯の脇に付いてるこんなやつです。

se7

 

 

 

 

 

 

これがあったらスタータ型です。

スタータ型蛍光灯は製品ナンバーの頭にFLFCLと書いているものです。

 

ラピッドスタート形

ラピッドスタート形は、グローランプが不要で即時点灯ができるものです。

ラピッドスタート形蛍光灯は製品ナンバーの頭にFLRと書いているものです。

 

インバータ形

インバータ形は、電子回路で構成されていているため、省エネで軽量なのが特徴です。

インバータ形蛍光灯は製品ナンバーの頭にFHFと書いているものです。

 

いずれにしても、蛍光灯に書いてある製品ナンバーの頭の文字をチェックすればわかります。

蛍光灯を交換するときは、これらのポイントを抑えておけば大丈夫です。

 

それでも蛍光灯が点かないなどの問題が起きるのでしたら、

配線や基板に問題がある可能性がありますので、

専門の業者に頼んだほうが安全で確実だと思います。

  • 2015 01.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 8755a86b9e067acb3590829a30e07802_s7
  2. dfe
  3. 0982497
  4. 093728
  5. 3e23267127175ee333beb3c9ddc7dccd_s7
  6. 0969217