腸内フローラを整える方法、食べ物とは?

この記事は2分で読めます

okm2

腸内フローラという言葉が話題となっていますね。

 

NHKスペシャルやみんなの家庭の医学と言ったTV番組で紹介されていますが、

そもそも腸内フローラとは何なんでしょうか。

腸内フローラを整えるにはどんな食べ物がいいのでしょうか。

 

これから紹介していきたいと思います。

 

腸内フローラってなに?

私たちの腸内にはたくさんの細菌がすみついています。

これら腸内にすんでいる細菌は、腸内菌といい、

その数は100種類以上、個数は約100兆個にもなります。

 

特に回腸(かいちょう/小腸の終わり)から大腸にかけては、

多種多様な腸内菌が種類ごとにまとまりをつくり、

びっしりと腸内に壁面を作って生息しています。

 

この様相を花畑(フローラ)の様子にたとえて、「腸内フローラ」と呼んでいます。

 

腸内フローラに生息している腸内菌は、

 

乳酸菌などのような善玉菌、

ウェルシュ菌などのような悪玉菌、

どちらにも属さない中間の日和見菌

 

この3つに大別できます。

 

健康な人の腸内では善玉菌が悪玉菌を抑える形で、

腸内フローラが一定のバランスを保っています。

 

しかし、

バランスが崩れ、悪玉菌が増えてしまうと、

肥満や便秘、肌荒れの原因になります。

もっとひどくなると、

肝臓、心臓、腎臓などにも負担を与え、

癌や糖尿病をはじめとする生活習慣病の原因になることもあります。

 

腸内フローラのバランスが崩れる原因としては、

加齢・ストレス・過労・偏った食生活・運動不足

等があげられます。

(参考:http://www.koei-science.com/gut-flora.html)

 

腸内フローラを整える食べ物とは?

腸内フローラは常に善玉菌優勢であることが理想です。

では、善玉菌を増やすにはどうすればいいのか、

 

よく言われている食物繊維や乳酸菌を摂取するのも、もちろんいい方法です。

特に、ごぼう、たまねぎ、アスパラガスなどの野菜や、

納豆、大豆などの豆類で食物繊維を、

ヨーグルトなどで乳酸菌を摂取するのがオススメです。

ちなみに、牛乳には乳酸菌はありません。

 

しかし、それよりも大事なのは、偏った食事をしないこと。

つまり、1日30品目しっかり食べるということです。

腸内フローラのバランスを保つには、

バランスの良い食生活というわけです。

 

とはいっても、1日30品目食べるのは大変です。

仕事などで忙しい方だと、そんなに準備する時間なんて無い!

という方も多いと思います。

 

そういった方は、サプリメントを利用するといいですよ。

腸内菌を整えるサプリメントで人気なのは「乳酸菌革命」というサプリメントです。

腸内フローラを整える事を目的に作られているサプリですので、ピッタリだと思います。

詳しいことは、公式ページを参考にしてください。

>>乳酸菌革命の詳細はこちらから



  • 2015 03.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. bfeb119090f14e564e4c17b45ece265e_s2
  2. 0969217
  3. 0833297
  4. 07bfb06d377c575bc8b12bfd77a13794_s2